家族、恋人などの大切な人、また友人や上司といった普段お世話になっている人へのギフトを一段と特別なものにしてくれる「名入れギフト」。
関係性はハッキリしていても、贈る相手の年齢で喜ばれるものは大きく変わってきます。
年の離れた相手だとなおさら、過ごしてきた環境や時代の流行も違うため、「何を贈ればいいのか分からない」「名入れを喜んでもらえるのか」そう悩む人も多いはずです。
そこで今回は、大きく3つに分けた年代別に喜ばれる名入れギフトを解説します。
名入れギフトを迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

20~30代に喜ばれるギフト

20~30代は就職や転職、結婚など多くの転機が訪れる時期で、お祝いのギフトを贈る機会も多くあります。
新しい環境や新生活で揃える物も多いので、普段から生活で使える物や仕事などで役に立つものが良いでしょう。
仕事で使うものを贈る場合はキャラクター入りや柄の多い派手なものよりは、シンプルなデザインのものがオススメです。

ボールペン

ボールペンはギフトとしては定番アイテムですが、名入れを施すことでその存在は特別な1本になります。
学校や仕事では使用する頻度が高いアイテムなので、使うたびに目に入りやる気や自信にも繋がる、進学祝いや就職、転職祝いにはぴったりなギフトです。
おすすめは英国老舗ブランド、「パーカー」のボールペン。

パーカーは世界中の筆記用具愛好家から「The Most Wanted Pen(世界で最も愛されているペン)」と評されている、英国を代表する高級筆記具ブランドです。
グリップの矢羽モチーフはパーカーの先駆的な姿勢を象徴しており、これから新しいことにチャレンジしていく人へのギフトとしては最適と言えるでしょう。
スーツの胸ポケットにこの矢が見えるだけで相手に好印象を与えてくれます。
ノック式や回転式といった仕様があるので、相手の仕事内容や使いやすさで選びましょう。

パーカー商品一覧へ:https://a-level.jp/shopbrand/parker/

名刺入れ

ビジネスシーンにおいて必須とされる名刺入れも新社会人へのギフトに人気のギフトです。
取引先との挨拶の際、名刺もそうですが名刺入れにも自然と目がいきます。
そんな時、名入れが施された名刺入れは一段と目を引き、相手に覚えてもらうきっかけになります。
そして目にするたび名入れに込められたエールや想いを感じ、意欲やモチベーションに繋がります。
また名刺入れはその形状から、開いてはじめて名入れが刻印されていることに気づくので、サプライズを演出できることでも名入れギフトとして人気のアイテムなのです。
おすすめは若い世代に人気のブランド「イルビゾンテ」の名刺入れ。

20、30代に絶大な人気を誇るイタリアのレザーブランド「イルビゾンテ」。
革本来の質感を生かし、経年変化が楽しめる作りと飽きのこないシンプルなデザインはおしゃれな若者に大人気です。
新しいスタートにイルビゾンテの名刺入れを贈ることで、革の経年変化とともに自身の成長も感じることができ、一段と愛着も湧いてくるでしょう。

イルビゾンテ商品一覧へ:https://a-level.jp/shopbrand/il_bisonte/

マグカップ

マグカップは年齢関係なくいくつになっても使うことのできるアイテムです。
結婚記念日に2人の名前を彫刻してお揃いでプレゼントすれば2人の新生活もきっと華やかなものになり、出産祝いには小さなカップを贈れば大人になってもエスプレッソカップとしても使えます。
ずっと使い続けられえる思い出の品として名入れマグカップは選ばれています。
おすすめは時代の先駆け、北欧雑貨「マリメッコ」のマグカップ。

マリメッコはフィンランド発のユニークで鮮やかなデザインが人気のブランド。
テーブルウェアや生活雑貨など様々なアイテムを多様なデザインで展開しており、なんといってもポピーの花を模した定番の「ウニッコ」はアイテム問わず一番人気の柄です。
可愛らしい大振りの花がシンプルに描かれ、カラーバリエーションも豊富なのでいくつになっても男女問わず使用できるモダンなデザインになっています。

マリメッコ(食器テーブルウェア)一覧へ:https://a-level.jp/shopbrand/ct140/

40~50代に喜ばれるギフト

父の日や母の日、上司の誕生日や退職祝い…、主に感謝の気持ちを贈ることの多い40、50代のギフト。
仕事や子育てが落ち着いてきて大人の余裕がでてくるこの年代は、お洒落なものや質の良いものにこだわりを持つ人が多いです。
ギフトを贈る際は相手の家族構成やライフスタイルなどあらかじめリサーチしたうえでそれに合ったものを選ぶと、より一層想いが伝わります。

グラス

グラスも名入れギフトとしては定番ですが、贈るグラスのブランドによっては自分では普段買わないようなものや、種類によってはお酒を飲まない人にも喜んでもらえます。
自宅でも、家族で使う食器の中に名前が入った自分だけのグラスがあったらどうでしょう。
特別感を感じやすいのが名入りグラスなのです。
おすすめは、クリスタル世界最高峰の美しさを誇る「バカラ」のグラスです。

バカラはフランス・ロレーヌ地方にあるバカラ村で誕生し、世界中の王室や皇室から注文を受けるクリスタルグラスブランド。
グラスのカッティングより放たれる七色の輝きと、クリスタルの重厚さが優美で幸福な気分にさせてくれます。
種類も豊富で、グラスの種類によりや呑み口の厚み重さ、デザイン、手のなじみ方まで違います。
特に選ぶのに決まりはありませんが、厚みがあり重たくズッシリとしたグラスは男性的、逆に薄く小振りなグラスは女性的なイメージを与えます。
伝統的なカッティングも様々ですので、その人にあった印象で選ぶと良いでしょう。
バカラグラスへの名入れは底面に上から覗いた位置に彫刻されます。
目上の人や上司に贈る場合、親しき間にも礼儀ありなので、失礼のないよう名入れの文言には注意しましょう。
パートナーがいる方へ贈る際は、贈る相手とパートナーの名前をペアグラスにそれぞれ彫刻して贈ると一層喜ばれます。

名入れができるバカラ一覧へ:https://a-level.jp/shopbrand/ct744/

エプロン

エプロンは自分で購入する際、欲しいデザインのものが見つかっても汚れることを考えて、結局安価なものを選びがちなアイテムです。
仕事やパートを退職しても続いていくのが主婦業ですが、家事の時間にゆとりが持てるようになるからこそ、自分では普段購入しないようなちょっと贅沢なエプロンをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
特に家族からプレゼントされるエプロンには、いつもそばで見てきた苦労に対する労いの気持ちがこめられていることが伝わり喜んでくれることでしょう。
母の日や退職祝い、誕生日に選ばれているギフトです。
おすすめは先ほど紹介したおしゃれな北欧雑貨ブランド、マリメッコのエプロン。

マリメッコの色鮮やかなデザインは毎日の家事に楽しさと気持ちのゆとりを与えてくれます。
名入れ刺繍は豊富な書体と糸色と、ひらがな、カタカナ、漢字、英数字に対応した書体、豊富なマークから入れることができるので、その人のイメージや趣向に合ったエプロンができますよ。

マリメッコ(エプロン)一覧へ:https://a-level.jp/shopbrand/ct801/

腕時計

腕時計を贈ることには意味が様々にありますが、常に身に着ける「時間」を象徴するアイテムは、「いつも一緒にいたい」「同じ時間を過ごしたい」という意味がこめられています。
恋人や夫婦の間で贈りあうことが多く、特に男性から女性への結婚記念日に多く選ばれています。
おすすめは多くの女性に支持されているクリスタルブランド「スワロフスキー」の腕時計。

女性の美しくありたい、いつまでも輝いていたいという願いを叶えてくれるクリスタルブランド、スワロフスキー。
高品質なクリスタルに特殊なカット加工を施すことで生まれる七色の輝きはいつの時代も女性を虜にしてきました。
仕事でもプライベートでも、手元の輝きが常に女性らしさを演出してくれますし、常に身に着けることで見る度に贈り主の気持ちに癒されることでしょう。
名入れを施す際は、時計の裏蓋に刻印いたします。記念日やイニシャルでシンプルにさりげなく刻印することでスマートに仕上がります。

スワロフスキー腕時計一覧へ:https://a-level.jp/shopbrand/ct313/

60~70代に喜ばれるギフト

年配の方といっても、今では定年を迎えても今までと変わらずアクティブに過ごす人は増えています。
還暦のお祝いや70歳の喜寿など長寿の節目をお祝いする際も、消耗品は避け、記念になり普段から使用できるもの、身に着けられるものを選ぶのがオススメです。
また高齢の方は高級感よりも、「気持ち」や「想い」の伝わるもののほうが喜ばれ、孫や子供から贈られる名前入れギフトは使う度に一段と笑顔にしてくれます。

ハンカチ

ハンカチは大人として出先では必須のアイテム。
女性はもちろん男性でも奥さんに用意してもらうなど持ち歩く人がほとんどです。
またハンカチは柄を楽しみコレクションしている人も多いので、名入りハンカチは他の人とデザインが被ったとしても特別な1枚として喜ばれます。
ョッピングや旅行でサッと出したハンカチに名入れ刺繍が施されていると、話題にもなり一層嬉しさが増すでしょう。
おすすめは日本でもファンが多いドイツの「フェイラー」ハンカチ。

フェイラーの最大の特徴は、熟練の職人が織りなす「シュニール織」で、何工程もかけて創り出されるその厚みと柔らかな質感、優れた吸水性はブランドとして確固たる地位を築いています。
表裏一体の繊細で美しい豊富な絵柄と品質の高さが世界中のフェイラーファンを魅了し続けている理由です。
フェイラーのハンカチは使えば使うほど肌に馴染み、しかも丈夫で末永く使え、おしゃれなうえに実用性に長けています。
また、ソフトな生地は、ご高齢の方の繊細な肌にも優しく、癒やしと気遣いの気持ちも届けてくれます。

フェイラー一覧へ:https://a-level.jp/shopbrand/feiler/

ボールペン

20、30代への就職祝いとして紹介したボールペンですが、還暦、退職祝いとしても選ばれています。
記念品になるという理由もありますが、退職してからは趣味として字を書くことにこだわりを持つご年配の方は多く、また脳活になるとしてペン字を始めるきっかけにもなります。
名入れペンは趣味を満喫する時間をより一層特別な時間にしてくれるギフトになります。
おすすめは上品で優雅な大人の憧れ「モンブラン」のボールペン。

モンブランはドイツで誕生した高級筆記具ブランドです。
様々なシリーズの中でもモンブランの最高傑作といわれる「マイスターシュテュック」は大統領や有名作家が愛用してきた、大人の品格を表す逸品なのです。
故に少し高価ではありますが、親戚一同や、職場の皆から贈ると、相手も気を遣うことなく喜んでくれるでしょう。
名入れはクリップのカラーと合わせて入れることが可能なので、違和感もなく、特別なモンブランを贈ることができます。

モンブラン一覧へ:https://a-level.jp/shopbrand/montblanc/

まとめ

いかがでしたか?
名前だけではなく一言メッセージや記念日を刻むと、その日を特別に演出することができたり、上記に紹介したお祝いなどのイベント以外にも、日頃の感謝を表したり、久しぶりに会うお友達へのプチプレゼントとしても名入れギフトは選ばれています。
年を重ねるごとに訪れる様々なお祝いやギフトシーンで、喜んでもらいたいという気持ちは当然、大切なのはその人のことを考えて選んだ時間や気持ちが伝わるということ。
そしてそのギフトを特別なものにしてくれる名入れギフト。
ぜひ、大切な人へのギフトに選んでみてはいかがでしょうか。

名入れ紹介ページへ:https://a-level.jp/blog/name/

  • 安心してお買い物をしていただくための当店の取り組み
  • 思い出のギフトに是非名入れを 名入れ可能アイテム
  • ラッピング
  • メッセージカード
  • スワロフスキーの創業125周年