out
 

トップ > staub > ポット・クリーマー

ポット・クリーマー

ストウブ

staub(ストウブ)

1974年、フランス北東部のアルザス地方で創業者フランシス・ストウブとフランスの誇る三ツ星シェフのポール・ボキューズらの共同開発のもと生まれた調理器具メーカーがストウブです。 ココット・ストウブ(現在のピコ・ココット)などが考案され、最初はプロ向けに開発され多くのレストランで利用されていましたが、現在ではヨーロッパをはじめ米国やアジアなど世界50カ国に輸出され、一般家庭にも多く愛用されています。 創業当時からのストウブの看板商品である鋳物ホーロー鍋「ピコ・ココット」は、セルフ・ベイスティング・システムという鍋蓋の裏の突起(ピコ)が食材の水分を密封された鍋の中で循環する仕組みを鍋の中に造り出し、それにより食材の持つ旨みや水分を逃がすことなく、無水調理・焼く・炒める・蒸す・揚げるなどの幅広い料理がふっくらと美味しく料理が仕上がります。 今でもフランスで伝統的な製造方法で作られるストウブは、世界中のシェフや料理愛好家に選ばれ、料理を美味しく華やかに仕上げる魅力的な鍋です。

STAUB RANKING