out
 

トップ > ARABIA

ARABIA

arabia

ARABIA(アラビア)

140年の歴史を持ち今やフィンランドを代表する陶磁器ブランドと君臨したアラビア(ARABIA)社。ヘルシンキ郊外の別荘地に工場を持ち、その周辺ではストリートごとに世界の都市の名前がつけられており、アラビア通りに工場があったことから「アラビア」が誕生しました。ローストランド社の子会社として設立されていましたが、1916年に独立し、現在ではイッタラと同じブランドとして生産を続けています。デザイン性と品質に選れた「日常の器」たちは、屈指のデザイナーにより、いかんなく表現した作品となり、シンプルながらも温かみを感じさせるデザインばかりです。

ムーミン

ムーミン

フィンランドが誇るお話「ムーミン」の魅力を余すところなく、マグカップやプレートに描かれたムーミンシリーズ。このムーミンシリーズには、いくつかの特徴があります。一つは、巨匠カイ・フランクがデザインしたイッタラの「ティーマ」シリーズがベースとなっており、全ての絵柄がオリジナルのものが使用され、色付けされています。クラッシックシリーズからシーズン限定品まで、ムーミン谷のキャラクターたちが幅広く器の中で生き生きと表現されています。

パラティッシ

パラティッシ

世界的に人気のシリーズとなり、いまやアラビアのデザイン・アイコンといっても過言ではない「パラティッシ」はフィンランドの陶芸家「カイピアネン」にデザインされ、1969年に誕生しました。フィンランド語で「楽園(=パラティッシ)」の名の意味を持ち、一切の無駄を省いたフォルムの中に、色とりどりの花や果実が大胆に、そして伸び伸びと描かれています。一見派手なデザインだと感じますが、想像以上に食材を引き立ててくれる魅力ある器ばかりです。

24h トゥオキオ TUOKIO

24h トゥオキオ TUOKIO

藍色の絵具を筆先に付けてぽつぽつと手書きしたような粒模様が特徴の24hシリーズ「TUOKIO(トゥオキオ)」。トゥオキオとは、フィンランド語で「つかの間の時、瞬間」を意味しており、毎日の生活の中で、わずかな時間でもトゥオキオの食器を使って、大切な暖かな時間を過ごせますようにという想いが込められています。白と青のコントラストは、まるでヴィンテージのような雰囲気を持ち、和食器との相性もよく様々な料理を際立たせてくれます。

PASTORAALI

パストラーリ

独特の緻密な線と青色で描かれたこのデザインは、古代ギリシャのラブストリー「ダフニスとクロエ」をモチーフにしたパストラーリ(フィンランド語で牧歌を意味します)シリーズ。2017年に製作された「フィンランド独特100周年記念マグ」の10種類の絵柄の中でも最も人気の高かったパターンで、オリジナルは、陶芸家でもありデザイナーのエステリ・トムラによって1965年にデザインされており、当時は装飾品のためのパターンとして使用されていました。この食器たちの楽しみ方は、何といっても描かれているストーリーを想像しながら、食を楽しむ時間ではないでしょうか。