out
 

トップ > Herend

Herend

HEREND

HEREND(ヘレンド)

開窯1826年。ハンガリーの首都ブダペストの南西120Kmほどの緑豊かな田園風景にあるヘレンド村で誕生しました。 ヘレンドの磁器は、軽く、薄く、白く透き通った肌合いで、装飾的過ぎず、どこか上品で控えめな大人のための、最高の陶器を数々作り出してきました。 200年近い歴史を持つこの素晴らしい陶器メーカー「ヘレンド」が世界有数の陶器ブランドへ成長した最初のきっかけが、1851年に行われた ロンドン万博において、ヴィクトリア女王がお気に召された事が有名なお話の一つでもあります。 その後もナポレオン三世、フランツ・ヨーゼフ皇帝など数多くの世界を彩る人物がヘレンドの顧客へとなります。 機械では再現できない「匠の技」で、完成度の高い作品は、今でも数多くの人々の心を掴んでいます。

ヴィクトリア ブーケ

ヴィクトリアブーケ

19世紀ヨーロッパの頂点に君臨していたヴィクトリア女王が、1851年に開催させた世界初の万国博覧会にて、当時まだ名もないヘレンドの出店作品を女王がお気に召され、ウィンザー城の食卓用に買い上げられるという椿事が発生しました。
女王がお気に召されたデザインは、牡丹と蝶の華やかなシノワズリパターンの食器。
その後、そのデザインは女王にあやかり「ヴィクトリア」と名付けられました。
華やかさが魅力のヴィクトリアは、よりモダンなアレンジがなされ「ヴィクトリアブーケ」へと進化していきました。

インドの華

インドの華

浮世絵や漆器がヨーロッパに日本ブームを巻き起こしたきっかけとなった1867年のパリ万国博覧会に格調高い柿右衛門写しの「インドの華」を出品した際に、ナポレオン3世の皇妃ウージェニーが一目で気に召された作品です。
数年後にはウィーンで万国博覧会を予定するハンガリー帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフが視察を兼ねてパリを訪れた際に、ウージェリー皇妃が皇帝をエリーゼ宮殿にご招待し、インドの華のディナーセットでおもてなしされたことが有名なお話の一つです。
以来、日本とヘレンドを結びつけるインドの華は、「ヘレンドグリーン」とも呼ばれる独自の緑色として根強い人気を誇っています。

インドの華

アポニーグリーン

ヘレンドを代表する絵柄の「アポニーグリーン」は、透けるような白磁にハンガリーのイメージカラーでもあるグリーンがハンドペイントされています。プレートのふち等に施された金彩が高級感を醸しだしています。
ヘレンドのベストセラーとなった「アポニーグリーン」の誕生のきっかけは、ハンガリーにアポニーと名乗る伯爵から、突然大事な宴を開くことになり、賓客用の新しいディナーセットが必要となった為、ヘレンドに多少強引に要求し、その急な要求にヘレンド側は、「インドの華」の一部を取って簡略版をつくったデザインがアポニーグリーンの誕生とされています。

ウィーンのバラ

ウィーンのバラ

オーストラリアの名家ハプスブルク家の食器として制作された「ウィーンのバラ」。 正式名称は「VIEILL ROSE D‘HABSBOURG」型番のVRHにも反映されています。
柔らかいタッチの薔薇に金彩をあしらったデザインが特徴のウィーンのバラシリーズは、1981年までは門外不出の高貴で貴重なものでしたが、ハプスブルク帝国の崩壊と共に一般流通されるようになりました。
本来はオーストリアのウィーン窯で作られていましたが、ウィーン窯が一時閉鎖した後、ヘレンドに受け継がれたという背景があります。 その後も、様々な王侯貴族たちに愛され続けて今日に至ります。

ミルフルール

ミルフルール

千の花の意味をもつ「ミルフルール」は、ハンドペイントで描かれており ヘレンドのペインターが牧草地やヘレンド村の周辺を探索し花や植物を描いたものです。
なじみやすい小花散らしのデザインになっており小花のモチーフは ペインターの裁量にまかされているので、無限の組み合わせをもち二つとして同じ物は存在しません。

アポニーターコイズ

アポニーターコイズ

2014年にデビューした「アポニーターコイズ」は、ヘレンドの代表作アポニーシリーズのカラーバリエーションの一つ。 涼し気に白く輝くプラチナの装飾に上品なターコイズ色のハーモニーが美しい作品です。
夏のテーブルウェア―コーディネートに好まれる方も多く、ガラス製品やシルバーのカトラリーとの相性のよいデザインです。

ローズチューリップ

ローズチューリップ

ハプスブルク家に好まれたバラモチーフのローズチューリップシリーズ。 愛のシンボルとして知られる一輪のバラは貴族から好まれ、ヘレンドにはバラシリーズが多く存在します。 2017年には、ローズチューリップ・ピンクが発表されています。

キティ

キティ

風にたなびくチューリップがモチーフのキティシリーズのピンク。 日本では、「バコニーの春」の名前で親しまれています。 キティは、6色(オレンジ・ピンク・ブルー・パープル・ブラック・イエロー)のラインナップで展開されています。

HEREND RANKING

シリーズで探す