out
 

トップ > Richard Ginori

Richard Ginori

richard_ginori

Richard Ginori(リチャード・ジノリ)

フィレンツェで磁器焼成の試みが行われていた1700年ごろ、トスカーナ大公国の要職であり、鉱物学に詳しかったカルロ・ジノリ侯爵も、中国や日本の磁器の精巧な美しさに憧れ、そしてドイツのマイセン窯に匹敵する磁器をイタリアでも作りたいという想いを胸に、自ら原料土を捜し、ペースト練りや発色の研究をかさね、1735年にイタリア初のドッチャ窯を誕生させ、イタリア初となる白磁を完成させました。そのときに制作したのが、ジノリ最古の作品「ベッキオホワイト」です。長き歴史の中では、1896年にミラノのリチャード製陶社と合併して現在のリチャードジノリとなり、1956年には、ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併しイタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。装飾的な磁器から実用的な磁器食器へとして変化をし、2020年に「GINORI 1735」という新しいブランド名で展開し続けています。